スキンケア用品

乾燥は美肌の大敵

キメが細かく毛穴が小さく、透明感のある美肌の人ほど肌が潤っています。逆にカサカサの乾燥肌の人はシミやしわができやすく、放置すると敏感肌になります。乾燥肌にならないために、角質層の奥までしっかり化粧水を浸透させることが大切です。

スキンケア

人気のコンシーラー

どんなに優秀な下地やファンデーションを使ってもニキビ跡や赤みを消すことは難しく、それらを消すためにはコンシーラーが必須です。また、コンシーラーくまを消すことにも大変優れています。コンシーラーを持っていない方は、1本持っていくと化粧の幅が広がることでしょう。

シミのケアに使う化粧品

美容クリーム

美白成分を知っておく

美容の大敵であるシミは、美白化粧品でケアするのが基本です。しかし、美白化粧品にも色々あります。できる限り、良いものを選ぶためにも美白化粧品の基礎知識を頭に入れておきましょう。美白化粧品とうたっているものの、実際には美白成分が含まれていないものもあります。そう言うものを選ばないようにするには、成分表示を読めるようになることが大事です。難しそうと思う人もいるでしょうが、美白成分の名前をネットで調べ、メモしておけばOKです。そのメモを持参し、店舗に出向きましょう。もし、自信がない場合は、医薬部外品と記載されている美白化粧品を選ぶことです。きちんとした機関に効能を認められた成分が含まれています。シミやそばかすを防ぐなど、効能を表示することもできるので、安心して使えるでしょう。ただ、どんなシミにも美白化粧品が有効とは限らないです。シミの種類によっては、美容皮膚科で治療した方が良い場合もあります。自分のシミがどう言うものかを知ることも大事です。また、美白化粧品の効果を高めるには、健康体でいることも重要になってきます。肉ばかり食べて野菜を食べない、間食ばかりする生活では、美白化粧品を使っても効果が得られないでしょう。まずは、活性酸素を増やさない食事をすることが大事です。抗酸化作用のある野菜を中心に、バランスの良い食事を心がけましょう。サプリを利用するよりも、食事から栄養素を摂取することが推奨されます。

眼

美容液以外にも方法がある

まつげを長く、濃くしたいという希望を持ってまつげ専用美容液を使うことはあっても、さらにその上をいきたいとなれば病院に行くという選択肢になります。皮膚科や眼科、美容外科クリニックなどで専用の育毛剤が処方されますので、費用も含めて考え、始めるかどうか検討するといいでしょう。